Beanstalkのミッション




Beanstalk(ビーンストーク) 日本語で【豆の木】を意味します。

童話「ジャックと豆の木」のストーリーを覚えていますか?



ジャックは母親に言われて牛を市場へと売りに行きました。しかし、途中で会った老人に話しかけられ、牛を豆と交換してしまいます。

帰ってお母さんにその豆を見せると激怒。
価値がないと言って捨ててしまうのです。
でもジャックは、その豆を大切に育てました。

豆は芽を出し、ぐんぐん育ち、立派な木となったのです。

豆の木を登って冒険に出かけたジャックは、
金の卵を産むニワトリを連れて帰り
お母さんと幸せに暮らしたのでした。

お母さんが捨ててしまった豆こそが、ジャックの【可能性の種】だったのです。

子どもはみんな可能性の種を持っています。
捨てずに大切に育てるとどんどん伸びて大きくなり、子どもの一生の宝となります。

Beanstalkのロゴには、そんな気持ちを込めています。 真ん中の豆を心(ハート)に見立て、そこから可能性の芽が伸びていくイメージです。

TeachからCoachへ

私たち大人は、子どもが必ず持っている可能性の種を見つけて育てるコーチです。
お母さんはもちろん、ピアノ教室、体操教室の先生も、子どもに関わる人はみんなコーチなのです。

大人が、

●お母さんや先生が聴く力をアップさせて、子どもが本当に伝えたいことを聴く。
●伝えたいことが真っ直ぐに子どもの心に届く【子どもに伝わる伝え方】を身につける。

すると子どもはぐんぐん可能性の芽を育てていくことでしょう。

子どもとのコミュニケーションをより円滑にすることができれば、お互いのストレスも減り、より素晴らしい関係が築けます。

子どもがもともと持っている素晴らしい可能性の芽を大事に育てるために。

Beanastalkは子どもと関わる大人たちに伴走します。

代表からのご挨拶

はじめまして。

Beanstalk Acadey むらたますみです。

「子どもが全然言うことを聞いてくれない」
「何を考えているか分からない」
「もっといろいろ話してほしい」

私は、​このような声を開催した子育て講座でたくさん伺ってきました。

そこで、お母さんや先生方などのたくさんの大人が、
もっと子どものことを分かりたいと思っているのだと強く実感しております。

大人は、子どもに対してつい《言うことを聞かせる》姿勢で対応してしまいがちです。
しかしそうすると、子どもは反発したり、間違った解釈をしてしまったりと裏目に出てしまうことも…。


《言うことを聞かせる》から《こちらがまず聴く》へ変化すれば、子どもはどんどん自発的になります。

子どもは「大人に分かってもらえている」と思えると1番の安心感を得られるからです。



安心感こそが円滑なコミュニケーションの基礎。

子どもはその安心感を土台に他者と接するようになるので、周囲の子どもともよい人間関係を作っていくことができます。

子どもと関わる大人たちが聴く力を手に入れることで、コミュニケーション能力、技術力、主体性、考える力・・・などの子どもの可能性がぐんぐんと伸びていきます。

子どもを伸ばすために、まず大人から変わっていく。

Beanstalkはそのための学びをご提供いたします。
子どもに伴奏する大人たちの挑戦を、全力で応援します。

Beanstalk代表 むらたますみ